***


by arco-iris71

<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

●マドリッド州の牛追いで60人負傷
【スペイン マドリッド 8月29日】
 29日にマドリッド州サン・セバスティアン・デ・ロス・レジェス市で行われた牛追い祭で、牛の前を走っていた100人余りが闘牛場入り口で将棋倒しになり、60人以上が負傷した。うち2人は顔面骨折、裂傷などの重傷。狭い闘牛場の入り口に重なり合って倒れた人の山に数頭の牛が突っ込み、牛も人もなんとかその場を逃れようと倒れた人を踏み越え、祭りは一瞬にして修羅場と化した。警備員らが倒れて身動きがとれない人々を救出、救急テントで手当が施された。住民らは「牛追いは走り慣れない人も誰でも参加でき、前日から飲んで泥酔状態の人や、ヒール靴を履いた女性もいた」と話している。闘牛場の入り口には血のしみと靴が散乱し、1分半の惨劇を物語っていた。


この映像、日本でも流れたりしましたか?衝撃的でしたよ、もう。。。
by arco-iris71 | 2005-08-31 01:31 | Noticia~ニュース~

Ducharse~シャワー~

いつもの帰り道。
中学生くらいのお子様男女4人組に「中国人!」と石を投げられました。
首をかすっただけで、顔に当たらなくて良かった。
腹立たしくて睨んだけれど、片言であろう外国人のあたしが腹を立てて何か言ったところで、奴らは余計に付け上がって喜ぶだろうな、と思い無視しました。

本当は色々言ってやりたかった。
ろくな大人にならないよ~!とか、家帰って勉強しろよ!とか、自分がやられてみろ!とかね。
あたしは幸い、親切で感じの良い人にばかり出会う。
だからたまにこういう目に合うと、人間それぞれなんだなぁ、と悲しくなります。

8月終わりといえども、残暑がきびし~~~マドリード。
帰宅するたびにシャワー室へ。
こういうときは身を清めるため、ぐちゃぐちゃな頭を整頓するため、シャワーを浴びるの。
by arco-iris71 | 2005-08-30 01:30 | Diario~日記~
本当に頑張っている人は
「がんばってる」も 「疲れた」も 「辛い」も言えなくて

本当に調子が悪い人は
「痛い」も 「苦しい」も 「寂しい」も言えなくて

あたしには 人のその強がりが その我慢が 気持ち悪いくらい見えるときがあって
愚痴を言えないストレスがとっても痛くて 勝手に心配になるの

どうか甘えて来て 深呼吸をして 泣いて 自分を楽しませてあげて

目は心を映す鏡だって そういう人に限って透き通った良い目をしてる
by arco-iris71 | 2005-08-27 01:29 | Deseo~想い~
ピアノレッスンで先生のうちに毎回puntual(時間丁度)に行く。
こんなの日本にとっては常識よね。
でもあたしのマエストラはさすがはスペイン人!!
割の確率で先生は不在です。。。

だから先生の家のドアの前で小さくなって待つのです(もう慣れっこです)。
先生はあたしの電話後30分~1時間くらいで帰宅(マジな話です)。
こんなあたしの姿を見て「かわいそうに・・」なんて微笑む。

最近はレッスン前に電話をして「今日のレッスン、○時からで良かったですよね?!」って念を押してから行くのにぃ。
それでもいないのさぁ。

そんなスペインの誇る伝統的スポーツを知っているか?の質問に
「もちろんサッカーでしょ!」って答えたら、
「シエスタ(昼寝)だ。」との正解を受けた。ひぃ・・・
by arco-iris71 | 2005-08-25 01:27 | Piano~ピアノ~

Recuerdos~思い出たち~

d0156386_1251392.jpg
マドリードにあるアルムデナ大聖堂
こんなに美しく撮れたアルムデナ写真は初めて見ます☆☆☆
d0156386_1254993.jpg
スペインに来たのぞが写真をたくさん送ってきてくれた。
すごく綺麗なのからすごく笑えるのまで、とてもいい思い出♪

自分のカメラで撮った写真ってさ、当本人の写真が少ないのが悲しいところ。
というわけで、あたしの張り切って歩く後姿と、えりちゃんの爆ショットがいっぱい映っていた。
by arco-iris71 | 2005-08-24 01:22 | Viajar~旅行~

Siete picos~7つの山頂~

d0156386_122690.jpg
朝みんなで起こし合い、作ったサンドイッチをリュックに積め、早朝列車に飛び乗った。
通称「7つの山頂」という山に登るため。

今日のメンバーはまた多国籍の6人で、会話は完全なるスパングリッシュ
実にスペイン語と英語の混血のこと。そんなあたしが一番スパングリッシュだったり・・・。

山の高さ2300m。行き帰りで時間くらいだったかな。
それにしてもペースが速かった。休憩もほとんどなかった。あたしが一番背が小さいくらい、みんな長身=足も長い=速い。。。なのに先頭に立つことが多かったあたし(欲張り)。

結構岩の道が続く急な道で、ロッククライミングみたいなことしてたので、最後の山頂までたどり着いたのは女であたし一人・・(女の子たちは途中でリタイヤ)。
頂上から眺める景色にはとても感動できました。

「お前は強いな。山の中で生まれただろ。」
んー、否定はしません。山登り、実は好きだし得意です。
ほら、おバカは高いところが好きってね。

帰ったらみんなソファに倒れこみ寝出しました。
明日足が棒のようになって動かなかったりして・・
今度はもうちょっと高い山に挑戦です。
by arco-iris71 | 2005-08-22 01:19 | Viajar~旅行~
映画や本、人との会話の力を借りて語学強化?!(だって未だに不自由なのです。。。)
今週は立て続けに映画を観た。
スペインでは映画を1本500円ほどで観られるのです。

d0156386_116190.jpgまずは韓国映画「OLD BOY」。
シュリでお馴染みの役者の演技は素晴らしかった。
とにかくグロくて恐かったけれど、韓国映画のあっけにとられる結末は好き。
原作は日本のものだそう。知らなかったぁ。
あたしは韓国人と知り合ったこともないし、韓国の知識は全くありません。
でもヨーロッパ人からすると似たものと思うのでしょうね。
不思議に思ったら即質問。。。
「どうしてケンカは素手で勝負なんだ!」とかね。。。


d0156386_1163891.jpg2本目、ジョニーデップ主演の「チョコレート工場」。
あたし的に大ヒット!ハリポタに近い作りとは思ったけれど、とっても笑えた。
何年も昔にも上映されたそうで(こっちの方がもっと面白いと言う人も!)、それの現代版といったところ。
最近英語にいぶされてきたおかげでオリジナルでも会話が聞き取れるようになってきた。
もう一回観に行きたい1作★


d0156386_1171512.jpg3本目の紹介は日本映画「誰も知らない」。スペイン語名「Nadie sabe」。
日本映画が上映されている!と言われて観に行きました。
とにかく胸が締め付けられるように悲しかった。
静かな日本映画ってヨーロッパ人の心にどう映るんだろう。
終わったあと、スペイン人にたくさん質問を受けた。

「日本は貧しいのですか?」「家族は冷たいのですか?」
by arco-iris71 | 2005-08-20 01:12 | Película~映画~

Amor de padres~親の愛~

友達の子ども(まだ生後9ヶ月エクトル君★愛嬌があって超かわいいです。)を見ていてよく思う。

大概の人はここまでかと思うくらい毎日毎日親の愛情を一身に受け、
周りのたくさんの人にもこよなく愛され、
「愛」にいっぱいの世界ですくすく育つのですね。

その頃の記憶なんてあるわけないし、自分はまだ親になったことがないから、なかなか気付けなかったこと。
だからこそ、大きくなって、大人になって、あんな風やこんな風になるのかなぁ、と考える。

ましてや、海外にかぶれに行くような不良娘にはゼッタイなってほしくないなぁ、と心から思ったりする。
by arco-iris71 | 2005-08-19 01:11 | Deseo~想い~

Mamma Mia~マンマミーア~

d0156386_1112157.jpgミュージカル「マンマミーア」を観に行きました。
世界中で愛されているこのミュージカルがマドリードに来てから、ずっと観に行きたいと憧れていた舞台。
全てABBAのメロディが飾っていることも魅力的。

主人公の女の子は、舞台をやるために生まれてきたような子だった。
役者さんたちの張り詰めた演技、天使のような歌声、軽快なダンスは全身を揺さぶるものがあった。

激しい討論場面のセリフなんかはやっぱり全く会話に付いていけなかったけれど、
歌になるとゆっくりだしとっても解かりやすくて、
必死で必死で覚えたスペイン語の歌がとっても愛しかった。

ところで、「マンマミーア!」はイタリア語で「おかあさ~ん!」の直訳。
英語でいうと「Oh,my god!!」 スペイン語は「マドレミーア!」てな具合に驚きやまいったな~ってときに非常に良く使われるのですが、
イタリアに行ったとき、これをまるで歌の一部のように言うイタリア人にいっつも爆笑でした。
by arco-iris71 | 2005-08-17 01:10 | Arte~芸術~
外国人のよく知っている日本語=「日本」と言えば・・・

やくざ、ゲイシャ、腹きり、切腹、寿司、サムライ
(こんなのばっか・・)

これって完全に映画だけの影響だと思う。
北野たけし監督の作品がよく知られているだけにね。
でもね、未だにサムライが日本に存在しているとか、そういう概念を持っている人もいるのです。

逆に日本人の言うスペインイメージ=「スペイン」と言えば・・・

フラメンコ、パエリア、闘牛、太陽
(実際こんなものばかりではなかった。)

スペインと日本はお互いにかなり好き合っていると思うのですが、遠くてあまり文化の交流がないのが寂しいと思うところです。
by arco-iris71 | 2005-08-16 01:09 | Cultura~文化~