***


by arco-iris71

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Salsa~サルサ~

d0156386_23214988.jpg
写真はかの有名な(?)アルカラ門です。

先週末はいろんなことに挑戦してみました。
まずキューバテイストのお店でサルサを教わりました。
難しいと思っていたけれど、とても面白い。くるくる目が回ったけどね。
サルサは男の方が女の子を誘い、ダンスはもちろん男リードで催されます。
そこでポルトガル人が教えてくれたのだけれど、彼はポルトガル語しか話せなかったので、あたしたちは何語で話しているんだ?というようなスパイングリッシュ(スペイン語+英語)になりました。
ビバ★ラテンミュージック!

日曜日は太極拳をしました笑。
いやぁ、肩こりが治るよって誘われて。
スペイン人には意外と太極拳をやる人が多い。
やっぱり健康にはとても良い静かで心を感じるスポーツだと思った。
太極拳をやる人たちが格好良く見えてしまった。

そして今日授業で驚いたこと。
スペイン人の平均身長は男性174センチ、女性168センチ。
女性は背がスラっと高く細い方がキレイとされるんだって。
日本は小さくて可愛い子が人気なのよって教えてあげたら驚かれた。
by arco-iris71 | 2005-01-31 21:55 | Diario~日記~
ピアノレッスンが始まりました。
マエストロはさすがコンセルバトワール(王立音楽学院)の先生だけあって、すごく威厳のある方でした。
今日はピアノに対する体の使い方、指の使い方について2時間半しごかれ、へとへとになりました。
とにかく話す速度が早かったです(きっとスペインじゃ普通なのだけれど)。
更に「じゃ、ベートーベン弾いて。」「次はショパン。」「次、バッハの平均律。」
てな具合に、今までの腕を確かめられるかのごとく、たくさんの音楽家を試されました。
でも日本とは全く違ったピアノ教育で、大変興味深い!
初歩の初歩、ゼロからのスタートです。
そしてスペイン楽曲を教えてくれると約束してくれました。
これからがとっても楽しみ★
その前に練習!そして音楽用語の習得。
あー楽譜も買いに行かなくちゃ。
by arco-iris71 | 2005-01-29 21:52 | Piano~ピアノ~

Todos los dias~まいにち~

体中で瞬間(とき)を感じる。
嵐のように過ぎ去る景色、
敏感なくらい心を震わす音、
完全燃焼する毎日を感じる。
悲しみは数えない。
過去も悔やまない。
いま見える溢れるくらいの刺激を精一杯の努力に変えよう。
歩いて歩いて、疲れたら休めばいい。
抱きしめられることがなければ自分で抱きしめてあげればいい。
期待と不安のケンカに勝敗はなくていい。
出会いに「はじめまして」があって
別れに「さよなら」はなくていい。
さて今日はどこにいこうか。
by arco-iris71 | 2005-01-27 21:47 | Deseo~想い~

Nieve~雪~

d0156386_23153138.jpg
我が家のお風呂。
キレイでしょ☆
そうじに磨きをかけています。
部屋の写真は・・・掲載できません。ははっ☆

今日朝起きたらものすごい吹雪でした。
中途半端に雪が積もるから道に氷が張って滑り、危ない朝でした。
でも真っ白な公園は普段の姿とは変わって神秘的。
キラキラしていました。
ここ何年かで一番寒いんだって。
外を歩く人たちは顔の一部しか出てない姿です。
こんなとき地下鉄はちゃんと運行されるので便利ですね。
地下鉄にもぐると一気に暖かくていつも救われます。
日本も寒いんでしょうね。
ここも寒いけれど、きっと日本の北国よりはマシだろうなぁ。
by arco-iris71 | 2005-01-25 21:32 | Diario~日記~
d0156386_2314225.jpg
レアルマドリード競技場についに念願の上陸。
相手チームの大久保くんの応援にとチケットを取ってもらいました。
それなのにベッカムの写真を掲載(ミーハーそして裏切り者)。
8万人収容のスタジアムは大きかった!
レアルマドリードVSレアルマジョルカ。
大久保くんは怪我で欠場と言われていたのに、後半戦から投入され、ものすごい大久保コールでした。わ☆
それにしてもアウェイのマジョルカチームは全体の1割ほどで肩身も狭く、後は地元レアルのサポーターで埋め尽くされ、やはり熱狂的でした。
グラウンドにとても近い席だったので敵チームのベッカムやラウルにドキドキしながら(?)無事にレアルが圧勝(笑)。
レアルマドリードはもはやドリームチームですね。
有名な選手しか出てない?!
しっかり浮気してベッカムやオーウェン、ジダンを目で追いました。
大久保がベッカムと絡んでいた。何語で会話だろ?
by arco-iris71 | 2005-01-25 21:19 | Fútbol~サッカー~

Los menos~マイナス面~

何事にも、良い面もあれば悪い面もあります。
今日はあえてあたしの思う、スペインのマイナス面をご紹介。

観光に来るには良い場所かと思われます。
サッカーは熱いし、お洒落なカフェ、ファッション、歴史建造物に触れるだけでもとても魅力的なとこ。
食べ物も比較的日本人向けで美味しい(気をつけないと太りますが)。

さて、まずですが、1ユーロ140円にもなるくらい、物価が高いです。
マドリードは首都なこともあって物価は東京並み。
スペインよりも、パリやスイスはもっと物価が高いそうです。
たばこが一箱7ユーロ(=1000円くらい)だとか。

次に少し有名な話ですが、スペインでは英語が通じません。
日本並みかそれ以下でしょうか。
一応学生はあたしたちのように英語を習うのですが、ここでは公共機関でも英語は受け入れられず、書式の場合は公式翻訳家という人にスペイン語訳をしてもらわなければ受理されません。

そしてこの国を見て一番ショックだったことは、とにかく汚い。
街や道にゴミや犬のフンがいっぱいである。
ですから夜中に清掃車が街を掃除します。
街にはたくさんのゴミ箱が設置されているにも関わらずなぜこんなにも汚い・・?

それから犯罪に関して言えば、スリがものすごく多いです。
もう大事なものは持ち歩かないこと。
そして日本人観光客を狙ったスリが多いことも悲しい現実です。
その他の犯罪は警備員がたくさん警備に当たっていることもあって最近はあまり聞かないです。
つい最近バスク地方で久しぶりにテロがありましたが。
店、レストラン、駅など、人が集う場所は必ず警備されていますね。

と、こんなこともあるよ、っていう紹介でした。たまにはね!
でも基本的にはお祭り騒ぎ、眠らない国のスペイン、楽しいはず。
みなさんお試しあれ・・?!
by arco-iris71 | 2005-01-22 21:17 | Cultura~文化~

Biblioteca~図書館~

d0156386_21164934.jpg
学校は朝から昼過ぎまで。
その後、学校から徒歩15分の道のりをせかせか急ぎ、このピアノ練習室を取りに行きます。
ここは昔の王宮に付随する形の広い広い図書館です。
だから荷物検査も一応あって、荷物も人間もX線を通します。
今日はパン屋さんで買った直系20センチのアップルパイ(100円くらい)を昼のランチにしようとかばんに入れていたら、
X線にて、でかでかとそんなパンの模様が映り、警備員さんに笑われ、更に金属ボタンの付いたあたしのコートはいつもそれに引っかかります。
練習室ではピアノの他、楽器の練習室もあるので、様々な楽器の音がします。
大学の頃のピアノ練習室を思い出しますね。音楽は世界共通なんですね。
それから今日はショパンのバラード1番をステキに弾くピアニストに会いました。
ピアニストと言ってもこちらではピアノを弾く人は皆ピアニスト、
バイオリンを弾く人は皆バイオリニスタ、などと呼ばれます。
彼は思い切りおじさんでしたね。
でもここは仕事帰り、学校帰り、休み時間に音楽を奏でたい人、セッションしたい人たちのためにある、神聖な場所。
気に入っています。
ステキなピアノたちと出会えたことに感謝!
by arco-iris71 | 2005-01-19 21:17 | Diario~日記~
d0156386_211526.jpg
シベレスの噴水。
あたしは一人でカメラを構えるのはなぜかとても恥ずかしく、これも歩き撮りしたくらいです。

クラスメイトのパコが軽いスペイン欝になっている。
最近元気がないのだ。
どうしたの?と聞いたところ、やはり勉強してもしても思うように話が出来ず、
なかなか伝わらず、大きな体力を要するわけです。
更に毎日の新しい単語と会話が彼の頭をいっぱいにし、苦しくなってきたみたいだ。
彼は社交的なタイプでもないし、余計辛いのだと思う。
「パコ!がんばろ!」と声をかけると、少し作り笑顔で答えてくれる。
とにかく今は勉強あるのみ。
学校で4~5時間勉強。帰って勉強。地下鉄の中で、待ち時間で勉強だぁ!!
そんなうちのクラスは今日から過去形レッスンに入った。
スペイン語では一番難しい。
でも必需!がんばるぞ☆
by arco-iris71 | 2005-01-18 21:12 | Diario~日記~

Aranjuez~アランフェス~

d0156386_21111030.jpg
d0156386_21113638.jpg
d0156386_21115455.jpg
日曜日にアランフェスへ行きました。
そう、盲目の音楽家ホアキン・ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」で有名な、美しい庭園と王宮の街。
街全体が王家の離宮といったイメージで、思っていた以上にロマンティックでした。
王宮の中は各部屋に、シャンデリア、家具、絵画、ジュータンやコブラ織りが施されてあり、
優雅な王族の暮らしに驚きでした。
ホアキン・ロドリーゴは盲目でありながらこの数々の噴水とタホ川のせせらぎ、小鳥のさえずりを聴きながらこの曲を生んだのでしょうか。
目を閉じるとあの曲が静かに流れるような、
イメージにぴったりの場所でした。
by arco-iris71 | 2005-01-17 21:10 | Viajar~旅行~

La fiesta~パーティー~

d0156386_2182734.jpg
今日はスイス人のクラスメイトが国に帰るのでクラスみんなでタイ料理を食べに行き、別れを惜しんできました。
彼女は英語、フランス語、スペイン語を状況下に合わせて使いこなせる秀才で、気品のある女性でした。
国に帰ってもがんばってね!!
d0156386_2185764.jpg

週末のフィエスタは、イタリア人の友達がイタリアンパスタを作ってご馳走してくれるとのことで、お家に招待してくれました。
彼女はアパートをシェアしていて、友達も友達を呼ぶもんだから、
多国籍多言語の人が20人ほど集まりました。
あまりの人の多さに誰がどこの国で名前が何なのか、
全部は覚えられません。
みんなで踊り歌い・・・近所から苦情が来ました(すみません・・)。
ロンドン出身の人やアメリカ人の女の子たちと英語を話さなければならない状況だったのに、恐ろしいほど英語が出てきませんでした。
久しぶりに英語圏の会話を聞いていたら英語の発音ってなんてカッコイイんだろう!と惚れ惚れしました。
2日間アジア人があたし一人で、こういう環境になると言語を覚える絶好のチャンスですね。
by arco-iris71 | 2005-01-16 21:06 | Fiesta~パーティー・お祭り~