自分を見つめなおし、広い世界観を持ちたい。音子(ねこ)のぷらぷら日記★


by arco-iris71

<   2004年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

En Kyoto~京都~

そーだ!京都に行こう!
思いつき暴走日帰り京都の旅。
親友Yがこのブログに載りたいとゆーことで・・・公開。
紅葉はまだ3分くらい。
雨は大降り。
しかも徹夜。
なのに京都はいつ訪れても素敵なのでした。
風情あるものってどうしてこうも心に落ち着きや癒しをくれるのかね。
by arco-iris71 | 2004-10-31 14:54 | Viajar~旅行~ | Comments(0)

El dia final~最終日~

いつもより青い優しい空。
木のトンネルをくぐる車は風になる。
車内で広がるお菓子の甘い香りは、
小学校のときの遠足を思い出す。

いつもと同じ、いつものバイト先へ向かう、いつもの道のり。
今日が特別違って感じてしまうのは、
最後だなんて言葉の意味の深さなの。
別れではない別れだよね。
だってこれからだって見てるもん。

今までお世話になりましたー!
by arco-iris71 | 2004-10-30 14:53 | Diario~日記~ | Comments(0)
近ごろ仏教国の日本でも、ハロウィーンの季節にかぼちゃのお菓子やグッツが発売されるようになりました。
バレインタインデーやクリスマスのように、外国の風習が日本でも一般化されて
子どもたちが「お菓子くださ~い」なんて家をまわる行事になったりするかもね。
d0156386_14503539.jpg
d0156386_1451409.jpg

毎時間、毎日決まった時間に鐘を鳴らす教会。
時間の流れとそこに居る空気を感じた。
あの神秘的な音。淋しかった一人の部屋。家の門から見えた結婚式。
今度は中に入ってお祈りを捧げよう。
by arco-iris71 | 2004-10-29 14:49 | Cultura~文化~ | Comments(0)

Mi amiga~ともだち~

親友にスペイン行きが決まったと告げたら、その場で即泣き出した。
でも彼女の口は 「おめでとー!よかったねー!」 とゆっていた。
そのあと、そっと
「あたしの大切なものはさ、どうしてみんな遠くに行ってしまうの?」 
とつぶやいていた。
彼女は自称わがまま、自己中だけれど、
いつもあたしと楽しいことばかり考えてバカばっかしてる仲。
それなのに、あたしが自然と悩みなんかを話すと
あたしよりも先に泣いてくれる。
あんたはすごぃよ!さすがだよ!

離れた街と街でそれぞれの道を歩むけれど、
与えられた時間の流れと共に過ごした時代は一緒なんだよ。
いつか再会したとき、いつものように
「たくさん話したいことがあるんだ!」って弾丸トークを聞かせてくれるよね。
離れていた分の全ての話や淋しさも、全部全部ぶつけ合おう!
新たな道を突き進むあたしたちにエールを送らなきゃ!
あなたと友達、光栄に思うよ。
by arco-iris71 | 2004-10-27 14:47 | Amigos~お友達~ | Comments(0)

El visado~ビザ~

今日、念願のビザを取得に六本木にあるスペイン大使館へ行ってきました。
ここまでの道のり・・長かった。半年ごしだ。
でも1年くらいかかる人もいるとか。全くビザに厳しい国だ。
今日わたくし、得意の寝坊とやらをいたしまして、
指定の時間に間に合わないかもという危機感のもと、
生まれて初めて、「新幹線走るのおせぇー!!」なんて感じました。
六本木に着いた瞬間、長いどんより坂を猛ダッシュ!
相当ダサい人でした、わたし。。。
愛知県から来たので・・な~んて言い訳にならない言い訳をし、
お情けで大使館に入れてもらい、無事受理しました。
反省。。。
こんな紙切れ一枚のビザのために、あたしはどんだけの金と時間をかけたんだろ。
ま、いっか。結果オーライ!
d0156386_14453892.jpg
d0156386_1446335.jpg
d0156386_14462256.jpg
d0156386_14464267.jpg

by arco-iris71 | 2004-10-27 14:44 | Diario~日記~ | Comments(0)

Ay!!~痛いっ!

バイトでこけました。
足の指が曲がってはいけない方向へ曲がりました。
いてて。。。紫色に変色しました。
この間は素足でガラスを踏み、血が滴り落ちました。
ついてねぇ~!
ただのおっちょこちょいか・・・ 
by arco-iris71 | 2004-10-25 14:43 | Diario~日記~ | Comments(0)
全部夢なのかな。
いつになったら覚めてくれるの。
仕打ちや試練ならいくらでも受けます。
だから導かれるままに幸せになっていいのですか。
何をしたいのか、何をするべきなのか、
何が正しくて、失うものは何なのか、
わからないの。
おしえてよ。
どうしてみんなそんなに優しいの。
包み込む温かさをくれるの。
なんて感謝したらいいか
知らないんだよ。
あたしの全精神をかけて
みんなの存在を肯定します。
みんな必要なんだよ。
だから生きて! 輝いて! おねがい。
せめてそこだけ夢を見させて。
by arco-iris71 | 2004-10-24 14:41 | Deseo~想い~ | Comments(0)

Una lagrima~泪~

小さい頃の私は、相当な泣き虫だった。
人と上手く話せなくて泣いた。
粘土が上手く出来なくて泣いた。
悔しさも悲しさも全部ナミダで流した。
泣きたいとき、泣きたいだけ泣いた。
でも決して「泣けばいい!」なんて思ってはいなかったんだ。
大人になった私はナミダは格好悪いもの、こらえるものとして、
溢れる感情を押さえることを覚えた。
幼稚園と小学校の先生に同じことを言われた。
「あなたのナミダは魔法だね。どんなことでも出来るようになる。」
そんな強さを持つ魔法は今も健在ですか。
自分らしく、ありのままナミダしていいですか。
ナミダ枯れるまで泣いてもいいのですか。
その後の笑顔を保障するから。
by arco-iris71 | 2004-10-22 14:40 | Deseo~想い~ | Comments(0)

La tetera~やかん~

うちの母はよく「どうしてこんなものを買ったのだろう?」というくだらない物を買って喜んでいます。
その一つ、これは「コーヒーをおいしく入れるためのやかん」だそうです。
変な形しています。
いつもこれで湯を沸かし、コーヒーをたくさん飲みます・・
更に、「ぶら下がり健康機」という通販でお馴染みのでかい鉄棒みたいなのは
母が一回だけぶら下がったところ、手と腰を痛めたとかの理由により、洗濯物かけに生まれ変わりました。
はっきり言って邪魔です。
うちには不可思議なものが多々あります。
使っていないものも多々あります。
きっとみんなのうちもそうなんだろーなぁ。
by arco-iris71 | 2004-10-20 14:39 | Diario~日記~ | Comments(0)

La nirvana~悟り~

Se estu presuponiendo que dios nos fubrica en molde a todos nosotros,por eso alguna gente se parece tanto en caracter como fisicamente. Pero,de vez en cuando,hay individuos que nos parece que despues de fabricado. Dios no quiso volver a usar ese molde y lo rompio. Asi que es unico.
~神は型に填めて人を創りたもうたと言う。
 だからよく似た人間が現れる時が多々ある。
 しかし時々、どう考えても特別な人間がいる。
 それは神が一度創った型をを壊して創った人間なのである。
 神は時々そういうことをなさるのだ。
 故にあなたは特別なのである~

(スペイン語の本より引用)
by arco-iris71 | 2004-10-20 14:29 | Deseo~想い~ | Comments(0)