***


by arco-iris71

カテゴリ:Español~スペイン語~( 9 )

Onomatopeya~擬音語~

擬音語は世界各国で違います。

例えば、英語ではブタさんの鳴き声が[オィンク オィンク]であるように。

あたしの統計の結果(?)、擬音語の響きで一番笑われる度が高いのは日本語!

過去、このような話ですごい笑われた擬音語。

ドアのノック→[コンコン] (ですよね?)
これはフランス語でおバカの意に値するらしく、フランス人に爆笑された。

くしゃみ→[はくしょん] (だよね?) 
友達曰く、 「アチュキート(くどぃよーですがあだ名です)!お前はどんなアクションをしてるんだ!」 なるほど、Actionってか。。

その他、動物の鳴き声系はどれも笑われました。[コケコッコー]なんか最強。

余談でアチュキート語が、「おーーーいーーー」「えーーーーー!」それから、「きもい」が勝手に広まったけれど、今では消えていることを願う。

最後に少しだけスペイン語の擬音語~★

乾杯→[ティン ティン] (アメリカもです。)
銃声→[プン]
ドアのノック→[トラス トラス]

仲の良い仲間達の中ではあたしが一人東洋人だったから違いすぎて面白かったのでしょうが、あたしにしたらこっちのが面白い。
by arco-iris71 | 2006-03-22 21:03 | Español~スペイン語~ | Comments(0)
病院では普段使わない“医療用語”が必要とされるわけで、
これが馴染みも無いし、しっかり難しいのです。
そんなわけで、ドクターや受付の人、保険関係の人と話すときは、頭が混乱!

ココで長くてムカツいたスペイン語をご紹介↓↓
心電図→el electrocardiograma(エル エレクトロカルディオグラマ)
耳鼻咽喉科→la otorrinolaringología(ラ オトリーノラリンゴロヒア)

日本に住む外人さんなんかもっと大変そう。
by arco-iris71 | 2005-10-20 12:37 | Español~スペイン語~ | Comments(0)
パンプローナの牛追い祭りやバレンシア近郊で行われるトマティージャ(トマトを投げ合う祭り)で、世界におばかをアピールしているのではなかろうかと心配な音子です。
スペインはすっかりバカンスモードで、マドリーにも人がいません。観光客ばかりです。それから毎週なんかの祭りやってる。暑いのにご苦労なこったい。

話は変わって。
「101010- 94-[ ]1210[7」
昔、ポケットベルを持っていた時代にこのようなベル暗号たるものを使って友達と会話したものだ。
ちなみに上記の文は「ただいまー 今日学校行ったかな?」と解釈される。

今日はあたしたちの普段やりとりする携帯電話のメールについて少しご紹介。
どこの国にも“メール世界”において独特の暗号や短縮形があるようです。

例えば、これは正しい文↓
¿A qué hora y dónde quedamos? =ア ケ オラ イ ドンデ ケダモス?
(何時に何処で待ち合わす?)
これがメール文になるとこうなります↓
A k hora i dnd kedamos¿

短縮形部門ではこんな感じ↓
Besos(結びの言葉。Kiss)→Bs
Te quiero mucho.(キミをとても愛してるよ。)→Tqm.

英語部門だとこんな感じ。これは実際に友達から送られてきた文↓
I miss u playing the piano 4me...:o)
Nice wヽend.


なるほどねー。ことばって日々時代を追って変化していくから面白い。
だいたい日本語に「?」「!」「-」なんて記号使わないはずなのにね。
特に若い娘たち同士が会話に使う言葉は日本語もスペイン語も分かりにくい。
あ、おばさん発言かしら??
by arco-iris71 | 2005-07-21 23:33 | Español~スペイン語~ | Comments(0)

Expresión~言い回し~

今の語学学校のシステムは基本的に辞書は使わず、英語も使用せず、つまりはスペイン語のみ攻略。
だからわからない単語や文法があればまず先生に質問。

でもたまにその返答に出てくる単語もわからなくて、
英語で聞いてもその単語を知らず、
どうしようもない時は辞書にたよるのですが・・!

その辞書に載っている日本語の意味もわからなくて・・

・・・っておぃ!!

後はフィーリングに頼るしかないのでしょうか。

スペイン語にはシモネタを取り組んだ話術、言い回しが多数存在します。
ちなみに英語にも多いのだそうです。
上品な日本人には考えられないと思います。
さすがのあたしもそんな話には赤面です。

そして辞書には載っていない言葉遊びはやはり人々から学ぶのが良いと思います。
仲間たちといるとたくさんの言葉を教わります。

では最後にお気に入りの簡単スペイン語を。

¡Madre mía! (直訳すると「私のお母さん」。驚いたときやいろんなシチュエーションで使えます。)
¡Buena suerte! (幸運を!がんばって!)
Cariño. (愛しい人、大切な人に向かっての呼びかけ)
¡Dios mío!=¡Por dios! (直訳では「神様」。これも、ちょっと頼むわ~みたいなときや、驚きなど様々なシチュエーションで使えます。)
by arco-iris71 | 2005-04-18 22:52 | Español~スペイン語~ | Comments(0)

En sueños~眠りながら~

不思議と、こちらに来て3ヶ月くらいたったくらいから

スペイン語の夢しか見なくなりました。

夢の中で自分はスペイン語を話していて、周りもみんなスペイン語。

それなのに日本の友達たちもごくまれに出場したりして

そこがなんだかメルヘンで面白いの☆
by arco-iris71 | 2005-03-13 22:46 | Español~スペイン語~ | Comments(0)
「三味線」という単語が辞書に載ってた。

「instromento musical japones de tres cuerdas compuesto por una caja casi cuadrada cubierta con una piel」

スーパー長い・・・。
by arco-iris71 | 2005-03-10 22:43 | Español~スペイン語~ | Comments(0)
新しいクラスのスペイン語授業は強烈な速さで授業が進み、
更に時間ほとんどぶっ続けで授業が行われるため、
クラスメイトは授業が終わるとまずはため息です。。。
宿題もどっさ~り出るし。

さすが実績と知名度が高いだけあるわね。ふぅ・・・


留学生同士で会話をしていると
みんなで使い方間違っていたりしてとっても笑えます。

更に、メールをくれるのは嬉しいのですが、これもまた意味不明な単語が出没したり、
オリビエなんか、ほとんど話せないのに電話するから・・笑。


そして最近気付いたのですが、あたしのピアノ先生のスペイン語は
あたしの周りでは一番アクセント(マドリードなまり)が強く、
ひっじょーーーーに聞き辛い・・・。

よく電話をくれるのですが、ちんぷんかんぷんです。はぃ。


月終わりにまたカーニバルがある。
セマナサンタ」と言います。 
町全体1週間ほどお休み。
人々はどこに旅行に行こうかって、最近の話題はそればかりで
それを目標に仕事をがんばっている姿が大変愛らしいのです。
by arco-iris71 | 2005-03-08 22:41 | Español~スペイン語~ | Comments(0)
呼び掛けの言葉、たくさんあるのだけれど、日本語に直訳して一人でウケてしまった語録集!

* へぃ、いい女!(道や店でよくかける言葉)
* 若い子ちゃんたち!(授業が始まる時とかお店で勘定してもらう時とか)
* おぃ、金髪!(職員がこう呼び合ったりしてる)
* わかった?日本人!(注:偏見ではなくそれぞれ国籍で呼ぶことがある)
* ねぇ、妻。(ねぇ、おまえって感じかな)
* 私、腎臓が痛いの。(たぶん腰が痛いとかだと思う)

辞書だって人間が作るわけだし、ニュアンスとか違うから普通なのだけれど、日本語にしたら妙に笑える。
スイス人の秀才美女に「私、あなたが好きよ。」って言われた。
これもまたニュアンスの違いかしら? ドキドキ☆
by arco-iris71 | 2004-12-10 15:47 | Español~スペイン語~ | Comments(0)

La escuela〜学校〜

スペイン語を教えてくれる先生はEvaと言って、なかなかの熱血女教師。そしてやたら宿題を出す。やれやれ☆
学校は様々なコミュニケーションの場であり、自分の意志を伝えることにいっぱいいっぱいだが、頭が活性化されて毎日楽しい。
初めてこの学校でアジアの人に会った。
38才の台湾人でPaco(おそらくあだ名☆)と名乗る彼は、母国では教師をやっていたと言う。
語学に興味があり、外国語を学ぶことが好きなだけあって授業にもとても熱心。 彼はよく話し掛けてくれるのだが、あたしたちの会話はとても興味深い。
なぜならスペイン語、英語、漢字がごちゃごちゃに混ざり合った会話であるから。
中国語であたしの名前は「サン・キエン・ウェン・ツー」と発音するそう。
そんな彼はよく授業中に水をこぼします!
そして趣味は太極拳だー! ドラちゃん人気はすごいです♪
by arco-iris71 | 2004-11-19 15:18 | Español~スペイン語~ | Comments(0)