***


by arco-iris71

カテゴリ:Deseo~想い~( 67 )

d0156386_21485651.jpg

毎日が遊びでいっぱい!
笑いでいっぱい!
お話でいっぱい!
毎日が大好きでいっぱい!

4歳おめでとう。
そして、ありがとう。

2016.11.17
by arco-iris71 | 2016-11-26 21:42 | Deseo~想い~ | Comments(0)

Solo una palabra〜一言に〜

風邪と熱ばかりの娘。
もう9ヶ月連続で毎月熱、風邪。

食べ物が悪かったのかな、夜寒かったのかな、何がいけなかったのかな、うつっちゃったのかな、なんかごめんね。
風邪をひかすたび頭の中がぐるぐる、ぐるぐる…

「そんな、お母さんひとりが悪いわけじゃないんだから。ひく時はひきますし!そんな責めないでください。もう少し大きくなれば元気な子になりますよ!」

そんな風に言ってくれた保育士さんがいて。
あたしはその一言に救われた。
ほんとにほんとに救われた。

今度会ったら絶対お礼を言おう。
心が強く温かくなりました。
by arco-iris71 | 2016-10-08 22:25 | Deseo~想い~ | Comments(4)
『大人になって、寂しいと感じるのは人に叱られなくなることかもしれない。
出来が悪い子供だった私は、親や先生にうんざりするほど叱られていた。
でも、そのお陰でいろんなことに気付かされたように思う。
叱られながら守られていたのだと今になって感謝する。
今でも時々誰かに叱られたいと思う。』

〜小泉今日子『書評集』より〜

by arco-iris71 | 2016-07-24 22:58 | Deseo~想い~ | Comments(0)
こんなこと書いてもどうにもならないことはわかっているけど、やっぱり悩んだ末書こうと思う。
熊本の被害はもちろんのこと、九州から山口にかけても余震が来るという恐怖と闘っている方、持病や障がいをお持ちの方、幼い子どもがいる方、水もガスも電気もなく支援もまだなく、不安と苦しみでいっぱいの方…
そんな方でいっぱいなんだろうと心を痛めています。

現地の方は怖くて怖くてたまらないのに、申し訳ないけど私たちもみんな怖いし、そして何よりも心配しています。

知り合いに熊本の方がいて、家は半壊だったところに大きな余震で全壊したとのことでした。
救援物資もまだまだ届けられない中、電気がなく真っ暗の中、情報は何もなく、昨日は子ども用のパンひとつだけ配られたと聞きました。

私たちに何ができる。
そんなの正解がないけれど、
とにかく1日も早い復興を祈って、
私も教えられたつもりで生きます。
by arco-iris71 | 2016-04-17 22:08 | Deseo~想い~ | Comments(0)
この4月から息子は幼稚園へ。

毎週月曜日と木曜日の午前中、通いつめたスーパーへも、
遊び倒した子育て支援センターにも、
もう何回行くんだ!と思うくらい行った科学館も、
走りまくった朝の公園、夕方の公園も、
平日は一緒に行くこともなくなるなと思うと、
今までいっときも離れずに過ごした日々を思うと、
もうあほみたいに泣けちゃうけど、
これからはわんぱく園児として、
いっぱい友だち作って、
いっぱい我慢も楽しみも覚えて、
私の知らない世界でもいっぱい思い出作ればいい。
(たかだか2時まで園に通うというだけでこのセンチメンタル感…)

「そうだ!今日ママに言おうと思ったことなんだけど。
ママとけっこんしようと思って。」

夜寝るときこっそり教えてくれたこの言葉、思春期になったら、あんたこんなこと言ってたのにって笑ってやる。
d0156386_23013232.jpg

by arco-iris71 | 2016-03-25 22:07 | Deseo~想い~ | Comments(4)

Hasta siempre〜永遠に〜

忘れらない出逢いがあった。
もう10年くらい前になるスペインで。

ふたりはカラッとしているのにひどくお似合いで、出逢ってその日からふたりのファンだった。
数少ない日本人との出逢いであったのに、生涯憧れの女性となる出逢いだった。
その彼はスペイン人で、恐ろしく賢い描写の写真を生み出すカメラマンだった。
日本食レストランで一緒にご飯を食べながら、喧嘩ばっかなのと話すふたりには強い芯みたいなのがあった。
このふたりに一気に魅了されて、世界中を旅して人の魂を撮影してきた数々の写真に惹き込まれ、私も音楽に生かせられたらね、と話した。
新婚旅行でスペインを訪れたときに彼女と再会した。やっぱり憧れの女性で大好きと思った。彼のことは聞かなかった。

数日前、スペインの新聞が彼の死を告げた。
信じられなくてスペイン語の記事を何度も何度も読んだ。
嘘だと信じたかった。でも何度訳してもそう書いてあった。
すぐに彼女にメールを打った。
悲しく辛く泣いてばかりであろう日々の中で彼女は遠い国から返信をくれた。
「彼が天国へ行ってしまったその日から私の人生は変わってしまいました。彼は愛そのものでした。」

雑誌の表紙になった写真、彼女を撮った写真、何度もネット上で見てきた写真…彼の写真が生き生きと脳裏を駆け巡る。
こんなにも鮮明に生きているのに。

愛する人を失い、愛した人を残した、悲しみは計り知れない。
彼のことも彼女のことも想い続け、生きる。永遠に。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

by arco-iris71 | 2015-11-14 22:31 | Deseo~想い~ | Comments(0)

Mi querida hija〜娘へ〜

d0156386_23083939.jpg
娘へ。

生後6ヶ月になったね。おめでとう!そして心からありがとう。
あなたと過ごす日々は、一日があっという間で、一週間ははやすぎて、半年なんてまるでウソのように、ただただはやかったよ。

生後31日目から家族4人だけの生活が始まったね。
初日にもかかわらず、とてつもなく心を痛めながらあなたを買い物に連れて行ったの。
それから始まった生活は、冬真っ盛りの寒い中、たくさん包んで毎日散歩に連れて行った。
まだ首もすわってない小さな小さなあなたを人混みに連れ出しもした。
こんなの絶対だめだってわかっていた。
大丈夫かな?風邪ひかないかな?苦しくないかな?息できているかな?いつも心を痛めながら連れ出した。
ごめんね、ごめんね、でもママはひとりしかいないの。買い物行かなきゃいけないの。お兄ちゃんを公園に連れて行かなきゃいけないの。昼間は誰の手も借りられないの。やるしかないの。
夜眠るとき、謝ってばかり。ごめんね、本当にごめんねって。

あなたは外で泣いて困らせることなんかなく、いつも抱っこされて付いてきてくれた。
産まれた日からずっとずっと笑って付いてきてくれた。
お家の中では、ごはんを食べるのも、洗濯干すのも、掃除機だって抱っこ紐の中。いつでもお腹合わせで一緒。ゆーらゆーら揺られてよく寝てくれたね。
夜中の食器洗いもいつも一緒。首すわってないから前抱きで、小さな頭に泡がついて笑ったね。

ずっとずっとお腹合わせて抱っこしてきたあなたは、もういつの間にか6ヶ月になって。
寒いだろうってあんなに心配した季節が、今では毎日暑くて汗だくの季節になって。
お座りもずり這いもできるようになって、玄関やキッチンまで来て冒険するようになって。
抱っこ紐の中で埋もれてしまうほど小さかった脚は、今ではママの腕よりも太くて。
壊れそうで怖かった身体も、いつの間にか片手で抱っこできるくらいしっかりなって。
もっとゆっくり赤ちゃんを抱きしめていたいママとは打って変わって、あなたはどんどん成長していくね。

お兄ちゃんが大好きなあなた。
笑顔がとってもとっても素敵で、目が合うたびに笑うあなた。
こんなに笑ってくれるものかと思えば、怪獣みたいに泣くあなた。

ごめんね、じゃなくて、これからは、ありがとうをたくさん言うよ。
6ヶ月ありがとう。これからもっとありがとう、だね。
あなたについた名前のように、笑った顔が花のように、ずっと、ずっとずっと。
by arco-iris71 | 2015-08-07 22:57 | Deseo~想い~ | Comments(10)
d0156386_23352070.jpg
むっちむち娘。
d0156386_23352057.jpg
公園で過ごすのが一番生き生きする息子と
d0156386_23352142.jpg
野原でけたけた笑って
d0156386_23352132.jpg
本気ケンカして
d0156386_23352123.jpg
いっぱい走って
d0156386_23352232.jpg
あっついね!って、また笑う。
d0156386_23352286.jpg
毎日の公園も、夜泣きも、ごはんもおやつも、何もかも、とことん付き合うよ!
こんな贅沢な「時(とき)」いまだけだから。
by arco-iris71 | 2015-07-06 23:19 | Deseo~想い~ | Comments(10)

Regalo〜プレゼント〜

d0156386_14571198.jpg
開けた瞬間、わあ〜と涙ぐんでしまった。
あの子の気持ちが伝わってきたから。
自分がどんなに大変な状況でも、いま忙しいからって片付けないで、人のことを想い、人を祝って、そして心配してあげられる。
そんな人に惚れ惚れ憧れる。
ありがとう、ありがとう。
いろんな想いが溢れてくるよ。
d0156386_14571237.jpg
宝物のように飾って毎日眺めていたいけど、
やっぱりこれ着て、みんなで虫取りにでも行きたいな。
by arco-iris71 | 2015-05-01 14:47 | Deseo~想い~ | Comments(2)

Nacimiento〜誕生〜

d0156386_16524613.jpg
誇らしく透き通るような真っ青な空の下
1月28日 午前11時20分
予定日より一週間遅れて2900gの女の子が誕生しました。

母子ともに元気です。
いっぱいいっぱい心配したけれど、無事に元気に産まれてきてくれて、本当に本当にありがとう。

もう一週間産まれないから入院して促進剤行きだね〜と言われて、やっばーい!と慌ててその晩陣痛を起こし出したのも、上の子と一緒。
陣痛開始時間も、一週間遅れたのも、出生体重もだいたい上の子と一緒。
我が家の子たちったらまったく。

兄→妹という順番でふたりの子育てをしてきた実母も義母も口を揃えて、
「ふたりめの女の子は楽よ〜上の子は大変だったけど。」
と励ましてくれていたとおり、
うそでしょーなんだこりゃ〜と思うくらい、手がかからないー!!
ひとりめと比べると100分の1くらいの大変さ。いや、大変とかないわ。贅沢言っちゃだめだめ。

左手に娘を抱っこ、右手は息子と手を繋いで階段を上るとき、
幸せだ〜って涙が溢れそうになる。
憧れだったふたりの母になれたことに感謝して、いっぱいいっぱい愛情そそいで、もちろんできていないことも全然うまくいかないことも多いけれど、自分の夢だった家庭を精一杯築いていこう。

最後に、絆を強めてくれたダンナに心から感謝を。
家族のために、支えてくれて、励ましてくれて、本当にありがとう。

しばらくピアノも料理も弁当もお休みするけど、また落ち着いたら復帰していこう。
d0156386_16524625.jpg
脚くらべ。
by arco-iris71 | 2015-02-04 15:20 | Deseo~想い~ | Comments(8)