自分を見つめなおし、広い世界観を持ちたい。音子(ねこ)のぷらぷら日記★


by arco-iris71

カテゴリ:Museo~美術館~( 7 )

d0156386_1614325.jpg
開館当時から、外観のこの何とも言えない曲線に魅せられて、行ってみたいと思い続けていた国立新美術館。
東京メトロの広告でセザンヌ展をやっていることもわかって、行ってきました。

外観の全面ガラス張り、内観のコンクリート打ちっぱなしの壁、匂いがこもらないカフェたち。構造美に大いに見惚れてきました。
一番素晴らしいと感じたのは、絵画を映し出す照明の具合。微塵も反射せず、絵を一番良い状態で映し出す芸術。今まで行った日本の美術館の中で一番素晴らしかった。
d0156386_1614414.jpg
この日は、一回目の結婚記念日だったのですが、冷たい雨と体調不良、車の故障(笑)も重なって、出発からどーしたもんかと思いましたが、大人しく美術館と浅草(実は初上陸)でまったり過ごせて良かった。

六本木でたまたま入った、隠れ家トラットリアでのランチが美味しくて幸せ気分満載になりました。彩り豊かな前菜ブッフェはどれも好みの食材だったし、6種類の手打ちパスタとソースの相性が絶妙でした。それにカフェがついているのにリーズナブル。
こういうレストランの常連になりたい。実際はカフェもないような野原に住んでいますが。
Trattoria il figo ingordo(http://www.figo-ingordo.jp/)
by arco-iris71 | 2012-04-25 14:38 | Museo~美術館~ | Comments(4)
d0156386_22483917.jpg17世紀オランダ絵画の巨匠、フェルメールレンブラントが愛知県でほぼ同時開催されていました。
久しぶりにデートをするかのごとくドキドキして観に行き、
絵の前では軽く息が詰まるような感覚に陥ったり、
甘いドルチェを食べているかのように微笑んだりして、
言葉にはどうしてもならない感情をいっぱいにして帰ってきた。
ぐっと想いを馳せて彼らの絵画や版画が蘇る。
by arco-iris71 | 2011-09-15 22:55 | Museo~美術館~ | Comments(0)
考古学博物館に行った。
また無料の日に当たった。ラッキー☆

ミイラ骸骨をいっぱい見た気がする。
果てしなく昔の歴史が訴えかけるもの、強烈だった。

お土産コーナーで日本語訳されたスペイン料理本を入手!
これでスペイン料理もばっつり??
最近スペインはめっきり日本人びいきなのです。

ローマ時代の歴史に触れるようになって、ラテン語に興味。
スペイン語らの語源だから文法使いや単語など、少し理解できるときも。
ローマ時代の詩人たちに勝手にエネルギーをもらえるのです。

というわけで今日のラテン語↓

Forsan et haec olim meminisse iuvabit.
(きっとこれらのことも、思い出して喜べる時が訪れるだろう。)
by arco-iris71 | 2005-10-19 12:30 | Museo~美術館~ | Comments(0)
d0156386_20291042.jpg
ドイツ人画家の巨匠Durero(日本名は分かりません・・謝)の作品がプラド美術館に来ているとの噂をかぎつけ、早速早起きして入場。

スペインの誇るこのプラド美術館は盗品や略奪品がないことでも有名。
へ~!作品の前の柵もほとんどなく無防備にしているわりには意外だ。

9000点の作品を貯蔵。
・・・だからね、何度もいうように、無理だって!
これ全部一日で観れた人すごぃよ。

というわけで、今日はDurero目的に行ったため、苦手な宗教画は素通り。。
それでもゴヤ、ベラスケス、エル・グレコの有名な作品だけは観てから帰ろうと思い、結局ほとんどに出会えたから良かったものの、今日も迷子になり案内係に道を尋ねる始末。

いやぁ、疲れたぁ。たぶん1000点も観てないくらいなのにざっと3時間。


今日は早朝、公園ですずめがキスしてた。
ひゃっ☆って思ってあまり気付かれないように横を通りたかったのに、
彼氏すずめ(推測)が気付いて逃げていった。
彼女すずめは、「なんで逃げるのよ!臆病者!」と嘆かんばかりにその場に立ち尽くしていた。
チュン♪
by arco-iris71 | 2005-05-18 20:23 | Museo~美術館~ | Comments(0)
d0156386_22563048.jpg
土曜日の朝目が覚めた時、不意に、ミロとダリの絵が観たい!なんて強く思ってしまい、その足で美術館へ行った。
そこはピカソのゲルニカを貯蔵していることでも有名なレイナソフィア美術館
うちから電車でほんの10分ほどの位置にある。我が家は贅沢な一角にある。

運が良いことに、あたしはたまたま行った美術館、たまたま行った日がフリー料金で入場できる日に当たることが多く、
その日は土曜日にも関わらず入場無料で入ることが出来た。ラッキー☆

残念ながらあたしは絵を上手く描くというセンスを持ち合わせていない。
だから絵のことをとやかく言える立場でもない。
でも好みという視点から絵を観た時、一体いつからだろう・・・
「完成」された絵が苦手である。

絵に限ったことだけではなく、どこか「素晴らしい」という名の芸術にはその“素晴らしさ”をウットリ堪能した後、必ず疲れてしまう。
確かに素晴らしい。確かに美しい。
でもその先が見えない。

だからどうしても抽象画やモダンアート、(デフォルメ技法なんか最高!)
音楽で言うならば不協和音や不規則なリズムたちを好んでしまう。

型にはまった美を見るほどその反動を覚える。
ただの“へそ曲がり”という結論に至った。

人間が完全ではないように、芸術も完全ではないのかもしれない。
そして人はそれぞれどこか変わった部分、意外性を持ち合わせている。
だから面白い。
芸術にも同じモノを求めたくなる。

その日のレイナソフィアには「出会い」と「精神の鏡」があった。
by arco-iris71 | 2005-04-19 22:54 | Museo~美術館~ | Comments(0)

Los museos〜美術館〜

あたしは美術館巡りが大好きです。 むしろ趣味です。
旅行の最中に見つけた例え無名の小さな美術館にも1人で入ってしまいます。
だからこの地にはたくさんの歴史的巨匠の作品を納めた数多くの美術館があることが光栄です。
こちらの美術館は外観からしてArtであり、建物自体が至宝であるところにぞくぞくします。

最近、学校が終わってからそんな美術館や教会巡りをしました。
教科書で観たことがある作品。ダリやピカソも学んだアカデミー。
相変わらずの宗教画の木目の細かさ、丁寧さ、美しさ。血、十字架、ヒツジ、天使。
たくさん観ると酔います‥。
プラド美術館にも行こうと思っていたら、以前プラド美術館を訪れた際に、9000点と言われる作品の多さと展示場の広さに怪しい迷子になるは、物騒な思いはするは、回り切れないはであったので、
ここは何回かに分けてじっくり浸ろう。

マドリード内にある美術館を制覇して、世界3大美術館も制覇したいなぁ☆

街で変な巨大トゥイーティに出会いました。 お世辞でも可愛いと言えない‥
by arco-iris71 | 2004-12-17 15:52 | Museo~美術館~ | Comments(0)
抽象画、現代アートたるもの、とても好きです。
なんとも魅力的な世界。。。
この抽象画の世界にあたしも身を置きたい。
この絵はミロ(Miro Joan 1893-1983)という画家の作品。
ピカソのゲルニカを貯蔵していることでも有名な、
スペインの「国立ソフィア王妃芸術センター」で、
運命にも本物に出逢うことが出来ました。
「なんだこれ・・?」そう思っていいのです。
あなたはここから何を感じ取りますか?
by arco-iris71 | 2004-09-09 13:22 | Museo~美術館~ | Comments(0)