***


by arco-iris71

Latigazos〜まつ毛〜

d0156386_12403923.jpg
まつ毛の長さは女の子顔負け。

ピアノの演奏会本番で満足したことなんて到底ある訳なく、そりゃあなんたって類稀なる度胸やら精神力やら技術やら感性なんかが欠落しているのです。あとアホみたいに緊張してしまうのと手の震えw
よって、自分の演奏DVDは後々もらっても、見れるかー!って思いで封印してきたのですが、ここに来てちょっと心の余裕からか過去の演奏を見てしまった。
なんだこれ、ぐちゃぐちゃではないかっ!!見るもんじゃないわ…
と言っても、今じゃ到底弾けるわけない大曲や難曲だから、こんなんよく弾いたわ、すごいなーとも思う。
50才くらいになったら、こんなあたしでも少し大人の落ち着いた演奏が出来るのではなんて思う。
若くて刺激的なピアニストは沢山いるけれど、経験や感性の深さからくる味のある年配ピアニストに心そそられて仕方ない。
d0156386_1240405.jpg
片手で撮影したので歪んでいますが、息子がお宮参りの時着た初着。ダンナのものです。
ここは実家のダンナ部屋ですが、上の棚よくよく見ると…歴代のゲーム機か?!よく取ってあるなあ。
Commented by なつ at 2013-01-26 14:57 x
私もちょっと前のオケ曲なんかを聴いて似たようなことを思ってました(笑)大人数弦楽器なので外から聴いても個人の力量なんてわからないですが、集中力とアンサンブル満足は覚えているもので、確かにやったという経験からまたやりたくなるんでしょうね。音楽は晩年まで楽しめるし、また30-40代のエネルギーでもやってみたいです。まつげ美しいね!
Commented by 音子 at 2013-01-26 23:37 x
大人数のオーケストラでは、周りの仲間との一体感や、本番までに至る様々な感情なんかも混ざり合い、感慨深いものになるのでしょうね。本番までの経緯を思い返すと大変と言わざるを得ない場合も、本番終わるとなんだか寂しく、またやりたいと思えるから不思議。なつさんには帰る場所があるので、また少し余裕が出る年代で楽しめそうですね!ラフマニノフ聴きに行けなかったので、いつかまたなつさんのオケを聴きに行きたい。私は地域おばさんピアニストになっているといいなあ。
by arco-iris71 | 2013-01-26 12:18 | Diario~日記~ | Comments(2)