***


by arco-iris71

Días especiales〜特別な日々〜

新たな命を授かりました。
現在4ヶ月。もうすぐ安定期。
子どもを授かったこの上ない喜びを生涯忘れたくないなと思います。
先日這って行った病院で初めて心音を聞き、思わず泣けてきました。初期の頃は育ってないとか、心音が弱いからだめかもしれないとか、切迫流産とか、不安な日々を送っていたけれど、ちゃんと育ってくれたんだ!

元気ではない自分を記すのは、全然好きではないのだけれど、ホルモンバランスの崩れからくるこのどうしようもない精神状態の感情を記録として残したいと思う。

過酷な悪阻との闘い。
もうこれで二ヶ月間も吐き気と嘔吐、だるさ、熱、無気力が続いている。
朝起きた瞬間から激しい吐き気、風呂場は地獄、歯磨きもトイレも、普通の生活だったことが辛くてしんどい毎日。
最近は嘔吐しすぎて血を吐き、明らかに衰弱していましたが、身体を縦にして病院に行くという行為が辛くどうしても出来なくて、家でのたうちまわっていました。
入院とか、毎朝点滴に通うとか、優しい医師が得策を提案してくれましたが、初めての土地で身体の身動きが取れない中、どちらも出来る勇気がなく、実家療養ということで落ち着きました。

そんな時、一通の手紙と素敵な本が届きました。
「音子は十分頑張ってるよ。頑張ってるの知ってるよ。」
という言葉にはっとしました。
苦しすぎて毎日毎日情けないくらい泣いていたけれど、次の日から強くなれるような気がしました。

今までこんな世界があるって何も知らずに好きなことばかりして生きてきてしまったけれど、改めて親という存在を尊敬するし、自分を産み育ててくれた両親と、今まさに支えてくれている家族に感謝しています。

守るべき人のために、そして乗り越えられるからこそ与えられたと思って、周りに沢山甘えさせてもらって耐えてみせようと思います。
by arco-iris71 | 2012-05-12 01:20 | Diario~日記~