***


by arco-iris71

Una experiencia~経験~

ついに事故に巻き込まれてしまいました。
お財布をすられました。
中には苦労して採った滞在許可証、カード類、お金ともども・・

「十分に注意している」の十分の度合いがまだ甘かったのかと大反省しました。
ここは海外、あたしは外国人の女、ましては最近物騒な事件が多発しているということを再確認しました。

あたしの注意よりも犯行は更に上手でした。
スラレタ!と思った瞬間は少し動揺したけれど、さっきどこかで警察官を見たという記憶が蘇り、
その警察官を見つけ、とても冷静に、「助けてください。」と言って指示を受けました。

凹んで警察署に行ったら、隣のおばちゃんが、
「あたしなんてドロボーに合ったの4回目よ!」(え・・!)
なんて言っていて、よく見たら被害者がわんさかいるではないですか。
週末はスリが多発するってこのことだ。

しかしこんなところにいたら日が暮れちゃう!と思い、とりあえずカードを止め、最寄の警察署へもう一度出掛けて行きました。
更にそこで「パスポートが要るよ。」と言われ、
そりゃそうだ。と思い、もう一度帰ってから出向いたら、
「お嬢さん、写真もいるよ。でも今は悲しい顔だから写さない方がいい。よし、パスポートの写真を切って貼ろう!」
・・・・・・・・・・・。

あのね、あたしは今財布をすられて、あんたの親父ギャグにはついていけないのよ・・・とか思いました。
警察署なのに、なんとも和やかな雰囲気。
どんな人も「どうってことないよ。よくあることだから。誰もが通る道だから。」って言うのです。
いや、えらいことなんだけど!と思いつつ、でもみんなに励まされて救われました。

今後は慣れてきた生活に釘を刺し、たくさんの目を持ちながら、でもくじけずにがんばろう。

最後になりましたが、心配をおかけした皆様、本当にすみませんでした。
by arco-iris71 | 2005-02-15 23:33 | Diario~日記~